イラストなどを見て妥協しないように

リフォーム決断して施工業者とうちあわせですが、この段階でデザイナーなどが理想のデザインなどヒアリングします。リフォームで失敗しないためこの段階で自分のイメージ妥協しないでつたえましょう。ヒアリング終われば後日パースイラストが完成して、これはヒアリングをもとに書かれた完成イメージ図であり、業者によりイラストでなく3Dグラフィックにより完成形がイメージされたものを映像でみせられたりします。大手施工業者は、こうしたグラフィック用いた完成図を作成してるところが多いみたいです。ヒアリングしたとき家具など細かなデザインも聞かれて、それに基づくサンプル品もこの時初めて実物を見ます。そして、サンプル品チェック済めば今度は工事対象の家にいて完成図などを診て実際の寸法に基づいてイメージを固めていきます。内装に関し細かいインテリアなど含め豊富なデザイン考えられて、このうちあわせ長引かせないためある程度のイメージは自分で持っておきましょう。