リフォームをして家庭環境が変わりました!

建設されて20年以上経過し室内に不快なにおいが発生するようになり、家にいても落ち着かなくなることが多くて悩んでいました。このため、原因を確かめてもらうと設備が摩耗していることが分かり、改善する方法はリフォームをしないといけないことを言われましたが資金が準備できていないため困ったものです。資金は市役所で申請すると補助金をもらえることやリフォームローンがあることを知り、後悔したくないため利用することを決めました。

リフォーム後は不快なにおいが発生しなくなり、新築と同様の居住空間を作れ快適に住めるようになりました。確かに費用はそれなりにかかりましたがそれなりに効果があり、それならもっと早くしておくべきだったとも感じたものです。家族で暮らすためにはいかに快適に住めるようにするかが重要で、リフォームをするタイミングはきちんと決めないといけないと実感しました。設備は耐用年数を超えると摩耗しやすいと言われますが、天候などの影響で早くなることもあり手遅れにならなくて良かったです。

気持ちの良い大工さんたちによるリフォーム

大阪市で新築一戸建てを建てるとなると、自分の家は別にあるのだからしょっちゅう様子を見に行けるわけではありませんよね。しかし、今住んでいる家のプチリフォームなら家にいながらその工事の様子を見ることができます。大工さんも家の人の目がある中で悪いことはできないでしょう。うちの場合は祖母の昔馴染みとも言える大工さんたちだったので、昔ながらの人という印象はあったもののチームワークが良くて気持ちの良い人達でした。私が仕事休みの時には差し入れをして少し話したこともあります。祖母を知っているとあって色々と褒めてくれたりもしました。無口でただ仕事を淡々と終わらせることに重視する職人気質も悪くはないですが、私としては接客業もこなしてくれる人の方が好きです。祖母のように地元に根付いて顔が広いと、このように必要な時に必要な人が来てくれるのだなあと感心しましたね。今後も何かあったら相談に乗ってほしいと思える大工さんたちで満足でした。

ベランダにプライバシー確保を求めた

隣家との距離が近い密集エリアに建つ我が家、その中で特に気になっていたのがベランダです。周囲の家数軒との間でプライバシーの干渉が発生してしまい、少し気まずくなることが多かったのです。そこでプライバシーを守るため思い切ってベランダに囲いを設けることにしました。業者から言われたのは、風通しなどを考えてガーデニングなどで活躍するラティスで覆うことを勧められました。形的にもオシャレな感じで気に入りました。材質は木製ではなくアルミ製、目隠し効果が高く耐久性もあり重量もあることから強風への耐性にも優れているのが理由です。完成後の仕上がりは最高です。ベランダのプライベート性が格段に高まったことで、洗濯物を干したりその他の作業もしやすく、さらに第3のくつろぎ空間にランクアップしました。覆うことで開放感の点で心配がありましたが、数か所風が抜けられるようなところを作ってくれたことで、個人的にはそれほど気になりませんでした。もっと早めに実行すべきでした。