新築を建てる際の残高も金融機関にご相談

PR|

ちょっと奮発してゼッチの新築住宅一戸建て住宅を建てた際には、実は密かに不安を感じる毎日でした。なぜかと言うと、新築住宅一戸建て住宅を建てたことによって、貯金がほぼゼロになったからです。いや、ゼロではないのですけれど、それまでの貯金額のことを思えば不安を感じずにはいられないぐらいの残高になってしまいました。

「新築一戸建て住宅」について話をする際には、誰しもがそのような話をだいたいしますよね。けれどもここから先は、身内でない限りなかなかぶっちゃけで踏み出して話せないところです。それは「新築住宅一戸建て住宅を建てたとき、貯金はどのぐらい残したか?」ということです。

私的にも、「新築住宅一戸建て住宅を建てたときの貯金の残高」は家づくりの際に聞きたかったところではあるのですが、しかしさすがに結構仲が良いママ友にだって聞けませんでしたよ。だって、その家庭で収入も違えば家族形態だって違うでしょう。ましてや同じところに土地を建てるわけでもないですし。それにママ友ぐらいの関係性では、新築住宅一戸建て住宅に関するお金の話なんて、とてもできないわけですからね。

そしてだからこそ、「新築住宅一戸建て住宅を建てる際には、どのぐらい貯金を残したら良いのか?」ということには、非常に悩んでしまったものです。ぶっちゃけ、家づくりよりもここの部分「家を建てる際には、どのぐらい貯金を残したら良いのか?」というところを悩んだと言えるかも知れません。

住宅設備や間取りなどの家づくりのことは、気軽にママ友とも話題にできますけれどね。しかし、お金のことなんて、とても口に出せませんよ。しかし最も知りたいことはといえば、家の間取りなどよりも「マイホームのお金のこと」だったりするのですけれどね。

ちなみに我が家の場合は、お金については住宅ローンを組んだ金融機関の担当者にもっとも相談をしましたね。「いくら残高を残せば良いのか」という相談もしていました。頭金をできるだけ出した方が、返済額及び借入金に対する金利も低くなりますからね。金融機関の担当者の方には、もうぶっちゃけで色々相談をしていました。ですからママ友にもいえない新築一戸建てに関するお金の悩みは、金融機関の担当者に相談することをオススメしますよ。

PR|住宅リフォーム総合情報|工務店向け集客ノウハウ|エステサロンを上手に利用する情報サイト|女性向けエステ.com|女性のための薄毛治療研究会|健康に役立つ口コミ情報|AGAでお悩み解決|生命保険の選び方|お家の見直ししま専科|ダイエットチャレンジ100日|生命保険の口コミ.COM|注文住宅のための用語集|